女性の仕事場への「復帰」について考えてみる。

人生の途中で仕事をしていて何かの都合上どうしても会社を辞めるか、休むかしなければいけない事は時としてあります。
例えば病気をする、ケガをする、家族が入院してどうしても世話しなければいけないとか。
そういう場合、皆さんはどうしているのでしょう。
私の場合は実家が離れていたので会社を退職して家に帰りました。
看護師さんの場合は一生物の「看護師資格」がありますから、正看護師・准看護師問わず
一時期お休みをしてもまた何年かして講習なり研修なりを受け職場に復帰できる話しはいろんなところに書いてありました。
看護師の人手不足解消の為に、病院に院内保育所まで設置し前向きに検討している病院も多くなった話しも聞いています。ただ、准看護師の給料は正看護師に比べ低いと聞きます。ですが、看護師さんのように続けていける体制や手段があるのは幸せです。
しかし一般職の女性の仕事の場合などは、産休を取り復帰する時くらいではないでしょうか。
会社や部署によれば、産休が取れるかどうかまた産休が取れたとしても同じ部署に帰れるとは限らないという話しをよく聞きます。
その人でなければならない特殊な仕事以外は、だれでも代わりはいますから同じ部署への復帰は難しいでしょう。
ならば出産や子育てで休んでしまった期間を取り戻すべく再就職に向けての勉強や研修などがあれば参加し、
確固たる自分のスキルを見つけ磨き自分のものしておくくらいのことをしなければ、社会への復帰はできないと思っておいた方がよいかもしれません。
ブランクを強みに変える、子供がいることが女性の仕事になんら関係ないほどのスキルを身につけ、
それを逆に仕事に活かすことを考える方が正解かもしれません。